· 

神機縦横

ルパン三世の作者、モンキー・パンチ氏が81歳で亡くなられたそうです。

改めてご冥福をお祈りいたします。

 

新聞記事として大きくは取り上げられていないものの、読売新聞の編集手帳も朝日新聞の天声人語も、氏のことを取り上げていました。

 

そんな天声人語の結びの一文、「あれほど神機縦横なルパンの活躍はなかったかもしれない。」という表現に引っかかり、「神機縦横」という言葉を調べてみました。

 

「縦横無尽」や「八面六臂」と違い、どうやら四文字熟語ではないようです。

「神機(しんき)」はパソコンでも一発変換できませんでしたが、「神秘な働き。非常に優れた機略」という意味だそうです。

「機略」とは、「その場に応じたうまいやり方。臨機応変な策略」とのことですから、「神機」とは「臨機応変かつ非常に優れたやり方」ということになるでしょうか。

「縦横」は「たてとよこ。四方八方。自由自在」となると、「神機縦横なルパンの活躍」は「臨機応変かつ非常に優れたやり方で自由自在なルパンの活躍」ということですね。

 

わかりやすくなりましたが、長いですね。

天声人語の表現力、恐るべし。