英検合格、成績アップおめでとう

なんと、3カ月ぶりのブログ更新・・・。

ということで、何名かの成果報告&メッセージを記します。

 

Hさん(中3)英検3級合格、Hくん(小6)英検5級合格おめでとうございます。

学年からすると、決して早いわけではありません。

しかし、英検のための対策ではなく、純粋に英文法の勉強を重ねた結果、実力で合格したことに意味があります。

お二人とも、初めての英検受験という重圧に耐え、よく頑張りましたね。

初受験にて合格を果たした二人を誇りに思います。

 

Wさん(中2)英語のテスト、初の80点越えおめでとうございます。

今夏、入塾前は、英語の点数がどうしても80点を越えないと悩んでいましたが、入塾直後のテストで80点に到達しましたね。

点数もそうですが、「単語のスペルミスによる失点をなくす」という目標を立て、達成したところが素晴らしいです。

単語のスペルは音から類推すること、その際、同じ発音でも複数のスペルが考えられることを説明しました。

期末テストでは、「85点突破」「新出単語のスペル、rとlを間違えないようにする」という目標を立てましたが、達成してくれていることと信じています。

テスト結果が返ってくるのが楽しみです。

 

Aさん(中1)中間テストでは、計算と方程式の区別がつかなくて、大苦戦でしたね。

しかし、今まで、どんな点数をとっても平然としていたAさんが、悔し涙を浮かべていたと聞きました。

悔しいのは、自分に期待していたからです。

自分はもっとできると思っていたのに、その期待が裏切られたから悔しいのです。

自分に期待できるほど頑張れたことは素晴らしいことだと思います。

それと、塾にテスト結果を持って行くのをイヤがったそうですね。

それは、私がAさんに期待しているから、その期待に応えられなかったことが辛かったのだと思います。

でも、大丈夫です。

私は失望しません。

決して諦めません。

間違いの傾向を分析し、対策を立て、実行あるのみ!です。

一方、英語は初めて平均点を越えることができました。

テスト直前に特訓した理科も、頑張った分だけ点数が上がりました。

勉強を通じて、努力の大切さ、結果が出ることの嬉しさを知ってください。

共に、テストを楽しみましょう。