学習指導要領準拠のSkype英会話コース開講

今日は新しく導入した教材による、新コース開講のご案内です。

 

これまで中学校1年生から正式教科として勉強していた「英語」が、いよいよ小学校5年生から教科化されることはご存知でしょうか?

教科としての勉強に先立ち、小学校3年生から外国語活動が始まるのだそうです。

うちの娘は小学校2年生で、日本語の勉強もまだまだなのに外国語なんてと思っていましたが、4歳の弟と一緒に英語の歌を歌っていたりするので、英語学習に早すぎるということはないのかもしれませんね。

 

当校で導入しております「すらら」は無学年式の学習教材で、小学生から学習指導要領準拠の英文法が学べます。

例文はネイティブスピーカーが読み上げてくれますので、4技能のうち「読む」「書く」「聞く」は対応しております。

唯一弱点があるとすれば、「話す」技能でした。

この点については以前ご紹介した「おしゃべリンガ」で対応できたのですが、今度は「書く」が弱くなる心配がありました。

 

ところが今回導入したSkype英会話は、アルファベットの練習が必要な小学生でも英会話ができるよう、授業内容に合わせたプリントが用意されています。

しかもプリントの内容が学習指導要領準拠となっています。

 

今まで、塾で英語を勉強する=単語と文法の勉強、英会話教室はコミュニケーション専門というイメージでしたが、学校の勉強に必要な文法や単語を学びながら、外国人講師とマンツーマンで英語のやり取りを学べるのがこの教材の最大のメリットです。

 

詳細は以下のリンクをご覧ください。

 

http://hals.athuman.com/CI/

 

こちらは1コマ1,000円~の授業料とは別の枠組みでの受講となります。

そのため、教材費、諸経費等含めて、1回1時間、月4回の受講で月謝は10,000円(税込)でお受けいただけます。

(入塾金は別途)

 

ICT教材「すらら」、中学5教科の映像教材「Hero's.net」、サイエンスムービー「リカラボ」などの特典はついておりませんので、ご了承ください。

 

詳細は教室までお問い合わせください。